Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

手作り食

手作り食なんて、ドッグフードがあるんだから必要無いと思っている方

そうなんです、健康な犬であればそんな必要は無いと思いますよ

ドッグフードでは摂取出来ないもの(酵素等)を手作りで補う程度で

いいと思います。


手作り食が有効的な犬は、例えば

皮膚病の犬、老犬、腎臓、肝臓疾患のある病気の犬

または、腫瘍、癌予防の為に


痩せていて、フードの食べが悪い犬(おいしく高カロリー摂取できる)

反対に太りすぎだけどフードを減らすと可哀想(食べる量が増やせる)

という時にとても有効的だと思いますよ。







色々な犬の手作り食の本を見ていると、時々戸惑うことがあります

「おからを使ってダイエット」という本もあれば

「おからは身体に悪いからあげないで!!」という本もあります


これは人間が書いている本なので、人間界にありうる色んな情報なのです

なので、自分が信じた物を試してみて、その犬に合った食事を見つけ出す事が

最適だと私は思っています。


自分の家族にご飯を作る感覚で大丈夫!!

毎日そんなに栄養素の事、カロリーを計算しながら作ってないでしょう~?(笑)



犬にとって悪い物さえ与えなければアバウトで結構!!
(病気の犬はアバウトではダメですよ)

難しい計算もそんなに必要無いと思います、但し同じ食べ物ばかり
与えるのはダメですよ、人間だって目標1日30品目っていうでしょう?
(そんなに取れないけどね)


とりあえず簡単に犬に必要な栄養素を挙げておきますね


1 
  体重の約70パーセント、組織の70~90パーセントは水です

  お水をあまり飲まない犬(老犬等)は毒素を体外に排出できない為
  膀胱炎、免疫低下をひきおこします
  お水をあまり飲んでないな~と思ったら、ウエットフードや
  手作り食の、おじやをオススメしますよ

2 炭水化物
  人間と違い、犬の主食は炭水化物では無いんです
  なので、家族と一緒!とは言っても、白米にぶっかけご飯はやめましょう
  なるべくあげる割合は低くていいんです

3 たんぱく質 
  先祖が肉食動物であった犬にとって、たんぱく質は
  「主食」になります
  豊富なたんぱく源をあげましょう~(肉、魚、卵、大豆など)

4 脂質(脂肪)
  人間と同じで全く接種しなければパサパサの毛艶になってしまうが
  取りすぎれば、肥満の元。できる限り植物性の脂質を摂取する
  (オリーブオイル、ゴマ油、しそオイルなど)
  
  

5 ビタミン、ミネラル  
  身体の調子を整える栄養素で12種類がありますが
  犬はビタミンCを体内で生成されるので必要ない。 
 脂溶性ビタミンは体内に蓄積されるので、過剰摂取すると害があります


時間の無い、朝はドライフードで、夜だけ手作り食、とか

ドライフードにトッピング、混ぜるという手もあります

(ドライフードを食べなくなってしまうと、いけませんから)

ドライフード+手作り食がベターかもしれませんね

(これも色々な意見がありますよ)
「手作り食にするなら、完全に手作りにするべきだ」とかね(笑)


自分のワンコに合う方法を探してあげるのがナイスな母ですよね
  
   
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ラッピーママ

Author:ラッピーママ
代表のラッピーママです
ボランティア啓蒙活動の様子を
アップしていきます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。