Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の健康管理

まろかかです
本格的な暑さが到来する前に熱中症の復習をしませんか?

images-7_20150620160105e24.jpeg



熱中症とは
高温多湿な環境下で体温調節が不能となり、体内に熱がこもって身体に障害を起こす状態。最悪の場合死亡してしまうことも!

犬や猫は被毛に覆われているうえ、熱を逃せるのは口呼吸と汗腺のある肉球からのみ。人間よりずっと暑さに弱い動物です。



<原因>
蒸し暑い室内や車内での留守番
水分補給が充分出来ない環境
炎天下の散歩など

*気温が30℃以上の日は、アスファルトの地面は50℃を超える事もあります。また朝夕であっても、湿度が高い時は唾液が蒸発しにくく体温調整が難しくなる為、熱中症になる可能性はあります。犬の場合、気温22℃、湿度60%を超えると発症の危険性が高くなるそうです。

images-6_20150620155715eed.jpeg



<症状>
まず、体温・呼吸・よだれをチェック!
(身体が熱い、息が荒い、よだれが多い)
その他、ぐったりしている、嘔吐、失禁、けいれん、意識消失など重症化してゆきます


<対応>
すぐに体を冷やしましょう!
濡れタオルで身体を覆う
保冷剤等をタオルに巻き、太い血管の通っている部位を冷やす(首、脇、股)
images.png
風通しの良い涼しい場所で休ませる
意識がはっきりしていれば水を飲ませる
(誤嚥の可能性がある時は無理をしない)
意識がない場合、気道をふさがないよう顔は横に向けて舌は外に出しておく

上記のような対応をとった上で動物病院へ相談しましょう。


<予防>
温度・湿度の調整と水分摂取が基本!
通気やクーラーなどで温度と湿度を調整する
外飼いの場合は、日陰で風通しの良い場所へ移動したり、日よけを作る
散歩は涼しい時間にゆく(アスファルトの道路は、手で触って温度を確認)
被毛を夏用にカットする
身体を冷やすグッズの利用(ペットボトルを凍らせてタオルに包む、ジェルマット、アルミプレート、濡らして着るTシャツなど)
水分摂取については、新鮮な水をたっぷりと用意しておくことはもちろん、飲水量を意識的にチェックしましょう。
ドライフードの場合は水分を足してあげましょう。

日常的に留守番時間が長い家庭では、雷による停電などでクーラーが止まる等の不測の事態を考えて対応策を立てておきたいものです。


images-4_20150620155359cb6.jpeg
通気性は大丈夫かニャ?


<熱中症にかかりやすいのは>
老犬・老猫、仔犬・仔猫
心臓、呼吸器疾患のある場合
肥満傾向の犬猫
短頭種(シーズー、パグ、フレブルなど)
ハスキー、サモエドなど寒い地域原産の犬
興奮しやすい性格の子
黒や茶の被毛の子



地球温暖化の影響で年々暑さが厳しくなっています。
天気予報などでも高温による健康注意が呼びかけられる昨今、しっかり対策をたてて乗り切りましょう。



images-1_201506201610473d2.jpeg
暑さに負けないでね〜



スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ラッピーママ

Author:ラッピーママ
代表のラッピーママです
ボランティア啓蒙活動の様子を
アップしていきます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。