Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の健康管理

まろかかです
本格的な暑さが到来する前に熱中症の復習をしませんか?

images-7_20150620160105e24.jpeg



熱中症とは
高温多湿な環境下で体温調節が不能となり、体内に熱がこもって身体に障害を起こす状態。最悪の場合死亡してしまうことも!

犬や猫は被毛に覆われているうえ、熱を逃せるのは口呼吸と汗腺のある肉球からのみ。人間よりずっと暑さに弱い動物です。



<原因>
蒸し暑い室内や車内での留守番
水分補給が充分出来ない環境
炎天下の散歩など

*気温が30℃以上の日は、アスファルトの地面は50℃を超える事もあります。また朝夕であっても、湿度が高い時は唾液が蒸発しにくく体温調整が難しくなる為、熱中症になる可能性はあります。犬の場合、気温22℃、湿度60%を超えると発症の危険性が高くなるそうです。

images-6_20150620155715eed.jpeg



<症状>
まず、体温・呼吸・よだれをチェック!
(身体が熱い、息が荒い、よだれが多い)
その他、ぐったりしている、嘔吐、失禁、けいれん、意識消失など重症化してゆきます


<対応>
すぐに体を冷やしましょう!
濡れタオルで身体を覆う
保冷剤等をタオルに巻き、太い血管の通っている部位を冷やす(首、脇、股)
images.png
風通しの良い涼しい場所で休ませる
意識がはっきりしていれば水を飲ませる
(誤嚥の可能性がある時は無理をしない)
意識がない場合、気道をふさがないよう顔は横に向けて舌は外に出しておく

上記のような対応をとった上で動物病院へ相談しましょう。


<予防>
温度・湿度の調整と水分摂取が基本!
通気やクーラーなどで温度と湿度を調整する
外飼いの場合は、日陰で風通しの良い場所へ移動したり、日よけを作る
散歩は涼しい時間にゆく(アスファルトの道路は、手で触って温度を確認)
被毛を夏用にカットする
身体を冷やすグッズの利用(ペットボトルを凍らせてタオルに包む、ジェルマット、アルミプレート、濡らして着るTシャツなど)
水分摂取については、新鮮な水をたっぷりと用意しておくことはもちろん、飲水量を意識的にチェックしましょう。
ドライフードの場合は水分を足してあげましょう。

日常的に留守番時間が長い家庭では、雷による停電などでクーラーが止まる等の不測の事態を考えて対応策を立てておきたいものです。


images-4_20150620155359cb6.jpeg
通気性は大丈夫かニャ?


<熱中症にかかりやすいのは>
老犬・老猫、仔犬・仔猫
心臓、呼吸器疾患のある場合
肥満傾向の犬猫
短頭種(シーズー、パグ、フレブルなど)
ハスキー、サモエドなど寒い地域原産の犬
興奮しやすい性格の子
黒や茶の被毛の子



地球温暖化の影響で年々暑さが厳しくなっています。
天気予報などでも高温による健康注意が呼びかけられる昨今、しっかり対策をたてて乗り切りましょう。



images-1_201506201610473d2.jpeg
暑さに負けないでね〜



スポンサーサイト

春の健康管理 3

まろです u^エ^u
春に気をつけてほしいこと〜
の最終回でごじゃる

Unknown_201504071522400e1.jpeg
咲いたあ〜咲いたあ〜♪(唄:春男)




6 換毛期

一年のうちで抜け毛が
いちばん多い春
ほっとくと毛玉になったり
蒸れて皮膚炎になりやすいです

ブラッシングをすると
血行がよくなって
抜けかわりもスムーズになるよ

images-1_201504081054022ff.jpeg
お母さんアリガト♡
気持ちいいです〜♡♡




7 雑菌の繁殖

寄生虫とおなじ
春は雑菌も元気になるよ
フードの作り置きや
食べ残しの管理に気をつけてね
食器や犬用のタオル、敷物などは
こまめに洗って日光消毒〜
犬舎もお掃除じゃ〜

気温の変化が落ちついたら
風通しがよくなるよう
犬舎の向きや位置を工夫してね

images-16_20150407154559c5d.jpeg
だいじなオモチャもぴっかぴっか☆




8 発情期

春と秋は
ヒートが多い時期(おんなのこ)
気が立つことが多いので
散歩中は他の犬に注意しましょう
脱走にも気をつけてね




写真2
(ハチのコスプレでごじゃる)


以上 
春男こと まろがお伝えしました
みなさん元気で長生きしましょうね ♪

それではまた
さようなら〜




春の健康管理 2

まろです u^エ^u
春に「気をつけたいこと」のつづきです

images-1_2015040512592987f.jpeg
春がき〜た♪ 春がき〜た♪(唄:春男)



3ノミ、ダニ

暖かくなると
ノミ、ダニがふえるよ
お散歩から戻ったら
身体をチェックしてね

あっという間にふえて
大きくなってしまうので
早めの対処が肝心です
予防薬には注射、内服
首の後に滴下するタイプなど
いろいろあるよ

images-5_201504071421288d3.jpeg
「ふう〜。かゆいのは、ホント困るのよねえ・・・」



4 除草剤

一雨ごとにグングンのびる雑草
お散歩のときには
除草剤に気をつけてね

知らずにぺろっとなめたら大変です
命にかかわりますから
いつも草刈りをしている場所を選ぶとか
あやしい草むらには近づかないでね
散歩から帰ったら
足をしっかり洗おうね

images-6_20150407142129f55.jpeg
「ちょっと草むらのにおいを〜♡」
「あやしいっ!行ってはならん!」



5 フィラリア

薬で100%予防できるよ
今年も忘れずにおねがいします
m(− −)m
フィラリア症の恐ろしさは
「サークルマム」のブログ
4/8「梅さんの心配事」をみてね



写真
かかは忘れっぽいから心配でごじゃるよ




心配してたら
ねむくなってきた・・・

つづきは また明日
さようなら




春の健康管理 1

まろです  u^エ ^u

ぽかぽかになりました
のんびりお散歩
楽しいですね

images-2_201504051303165b3.jpeg
サクラ〜サクラ〜♪(唄:春男)


この季節にも
気を付けてほしいことがありますよ
次の8つ大丈夫かな?

1 寒暖の差
2 熱中症
3 ノミ、ダニ
4 除草剤
5 フィラリア
6 換毛期
7 雑菌の繁殖
8 発情期




もうちょっと詳しい内容です↓


1 寒暖の差

気温差が激しい時期です
犬も風邪をひいたり
おなかを壊しやすくなります
特に仔犬や老犬は要注意です
日中は涼しい場所や新鮮なお水を
朝晩は暖かな敷物をおねがいします




2 熱中症

春はまだ安心?
昼間の車の中は思ったより
ずっと高温になるよ
車の中でのお留守番は要注意〜



おなかがすいたので
続きは またあした
さようなら

images-4_20150405134250c37.jpeg


冬の健康管理(3)寒さ対策

まろかかです



犬は寒いのが好きだと思いますか?
Unknown_201412131107049e6.jpeg



汗腺が乏しくて
夏の体温調節が難しい犬は
冬に比較的強いと言われていますが
寒いのが好きな訳ではないのですよ



という事で
寒さ対策をしっかりしましょ♪
images-5_20141213111819a98.jpeg




一般的に適温は18〜22℃と言われています
人には少し寒いと感じるくらいの温度です



images_20141213112003915.jpeg
オイラのような仔犬や
老犬、病犬、やせた犬
それからシングルコートの犬は
22℃〜24℃と少し高めが適温なんだよ





ポイントは
温度測定は犬のいる高さで計ること
暑ければ自分で避難できるような場所を作っておくこと
そして寒さだけでなく急激な温度変化に注意することです




images-16.jpeg
それからね 湿度も大切なのよ



加湿器や濡れたタオルを掛けておく等して
湿度は50〜60%を目安に調整しましょう



人間と同じで空気が乾燥すると
鼻や喉の粘膜が乾き
細菌やウィルスに対する抵抗力が弱くなって
感染症にかかりやすくなります
(人と犬では風邪の原因ウイルスが違うので
うつることは基本的にありません)



images-18.jpeg
乾燥から皮膚トラブルも起こしやすくなるんじゃよ
むにゃむにゃ・・・




その他に〜
ブラッシングは血行が良くなり
毛の根元に空気の層ができて保温効果がUPするのでオススメです
images-2_2014121311181833e.jpeg
「キモチいいし〜♡』




屋外犬に対しては
日当りの良い場所で
北風や雨、雪をしのげるように
してあげましょう

小屋の屋根を広くしたり
周囲に囲いをするのもいいですね



images_20141213185636ad4.jpeg
寒いときは丸まって寝るの



寝床に毛布を敷いても寒そうならば
その下に段ボールやアルミシートを重ねると
保温効果が高まりグッドです



images-13.jpeg
おなかには毛が少ないから
あったかい敷物はウレシイな♪


タオル等に包んだペットボトルは
湯タンポになりますよ



それでも老犬や
極端に寒い日は
夜間だけでも
玄関など屋内に入れてあげましょう






images-7_20141213111821221.jpeg
いずれにしても家族のそばが一番あたたかいのお・・・
・・・zzz



Appendix

プロフィール

Author:ラッピーママ
代表のラッピーママです
ボランティア啓蒙活動の様子を
アップしていきます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。